アップデート失敗!? Windows 10 インストール時のトラブル対策

この記事をあのひとにもシェアしたい

troubleshooting

Windows 10 の提供開始からしばらく経ちました。
TVCMも開始され、「もうアップグレードしたよ!」という方も多いでしょう。
(関係ないですが、CMで「ウィンドウズ テン」と呼んでいるのを聞いて愕然としました。僕は、人前でもだいぶ「じゅう」と言っていました…)

ただ、残念ながらアップグレードがうまくいかなかった方、「やべぇ! アップグレードしてみたけど起動しなくなった…」と若干あせりながらこのページにたどり着いた方へ。
いくつか対処法をご紹介しましょう。

Windows の自動修復

うまくOSが起動しない場合、以下のような画面になることがあります。

自動修復を準備しています

「ぼうけんのしょ が きえました」的な画面です。

自動修復

ここで [再起動] を選んで、ちゃんと起動するなら問題はありません。
(たぶんダメでしょうが…)

他には、[詳細オプション] を選ぶことで、各種の修復機能を使うことができます。
こちらへ進んでください。)

ただこれは、とりあえずでも Windows 10 が起動する場合です。
行くも戻るもできない状態になってしまった。
そんな不運なパターンでは、以下の方法が使えます。

最強のトラブルシューティングツール「インストールメディア」

電源を入れてもOSが起動しない。「自動修復」にもならない。
でも大丈夫。
インストールメディア(USBメモリやDVD)からパソコンを起動して「自動修復」と同様の機能を利用することが可能です。

インストールメディアの作成方法

直接パソコンを自動アップデートした場合はインストールメディアが手元にないと思いますので、インストールメディア自体の作成から始めます。

ただ目の前のパソコンは現状、何も出来ない置物ですよね?
この作業は別のパソコンで行います。
(パソコンが一台しかない場合は…自身の不幸を呪いながら友だちに頼みましょう)

マイクロソフトが提供している「メディア作成ツール」を利用しますが、ダウンロード方法などは以下をご参照ください。

古いパソコンで Windows 10 は動くのか?(こいつ...動くぞ! 編)
ついに公開された Windows 10。 すでに「無償アップグレード」を利用して、新OSを体験している方も多いことでしょう。 巷でも概ね好評のようです。 ウチでも早速試してみようということで...

最初の選択肢で [他のPC用にインストールメディアを作る] を選択します。

他のPC用にインストールメディアを作成する

作成オプション

言語やエディションを選択した後、インストールメディアをUSBで作成するか、あるいはDVDで作成するかを選びます。

DVDの場合は、作成された.isoファイルをさらにDVDメディアに焼く作業が発生するので、 [USBフラッシュドライブ] が手軽でしょう。

パソコンをUSBメモリから起動する

ここからは絶賛トラブル中のパソコンでの操作です。

通常、パソコンの電源ボタンを押すとHDDの中のOSファイルを読み込み Windows が起動します。ですが、うまく起動しない時はそのファイルに問題がある可能性があります。

そこでHDDから起動するのではなくUSBメモリ(あるいはDVDドライブ)から起動するように変えてやるのです。

  • BIOSのブートメニューから起動ドライブの優先順位を変更する
  • 直接起動ドライブを指定する

いずれかの方法になりますが、お使いのパソコンのメーカーによって(正確には搭載しているマザーボードの機種によって)操作が変わります。
メーカーのサポートページなどをご参照いただくのがいちばんですが、一般的には電源投入後、メーカーロゴ画面で [Esc] [F2] [F12] などのキーを押すことでメニューが開くことが多いです。
[USB Drive] ぽい名前のものを選択しましょう。

修復メニューの操作

見事、USBメモリのインストールメディアから起動できたら以下のような画面になります。

Windowsセットアップ

Windows 10 のインストールメディアなので、当然、初期セットアップ(インストール)の画面なのですが、ひとまず [次へ] ボタンで進みます。

コンピュータを修復する

ここで画面中央の [今すぐインストール] を選ばずに左下の目立たない [コンピューターを修復する] をクリックします。
(ここで [今すぐインストール] を選ぶとOSの新規インストールへ進んでしまいます。)

修復の専用メニューが開き、各種トラブルシューティングが行えるのです。

トラブルシューティング

[トラブルシューティング] – [詳細オプション]と選んでください。

詳細オプション

まずは「スタートアップ修復」を試す

このメニューの中で真っ先に試すべきは「スタートアップ修復」です。

スタートアップ修復

Windows のアップグレードが完了していて、Windows 10 のインストール自体は完了している。けれど、起動するための関連ファイルがおかしくなっているだけ。
という場合は、この「スタートアップ修復」で直る可能性があるからです。

もしダメだったとしても、現状より悪くなることはありません。
早速、試してみましょう!

スタートアップ修復NG

…ダメでしたか。

ひとまず安心してください

絶望的な気持ちになってきましたね…
でも大丈夫。大抵の場合は、とりあえずアップグレード前の元の環境に戻せます。

そもそも Windows 10 のアップグレードプログラムには、「アップグレード作業開始前」の状態に戻す機能(ロールバック)が含まれています。

新時代の Windows 10 は名残惜しいですが、このままでは新時代どころか、愛機がその一生を置物として過ごすハメになってしまいます。はにわと一緒です。

以前の Windows 7 SP1/Windows 8.1 の状態に戻して、何もなかったことにしましょう。憎らしいアイツのことなんて忘れるんです。

「以前のビルドに戻す」(ロールバック機能)

先ほどの「詳細オプション」の画面で「以前のビルドに戻す」を選択します。

以前のビルドに戻す

この後は何もする必要はありません。
戻す対象を選択して、ただひたすら自動でアップグレード作業を始める前の状態になるのを待つだけです。

はじめから何もなかった、出会わなかった、あの人の記憶が消されていく様をじっと眺める。
そんな時間です。

(なお、Windows 10 へのアップグレード作業後にシステムドライブの「Windows.old」フォルダ、および隠しフォルダ「$Windows.~BT」を削除しているとロールバックできません。大丈夫ですよね? そんなフォルダ知りませんよね? 削除した憶えなんてないですよね??)

これで、パソコンは元の状態に戻るハズです。
めでたしめでたし。

それでも Windows 10 を使いたい

え……?

もう諦めましょう。いいじゃないですか、いままで使ってたパソコンです。
別に Windows 10 にしたからって、何が偉くなるワケでもなし。
使えなくなるソフトだって出てきますよ。

それでも使ってみたいんですね?

わかりました、覚悟を決めてください。

事前確認しましょう

そもそも、いま使っているハードウェアで Windows 10 が使えるのか。
ハードウェア要件を満たしていないのならば、ひっくり返っても Windows 10 は使えません。

手っ取り早いのは「Windows 10 を入手する」アプリからの確認です。

タスクバーに常駐しているアイコンからアプリを開き、「このPCは互換性があります」と表示されているのを確認しましょう。

Windows 10 を入手する

また [レポートの表示] をクリックで詳細が確認できます。

互換性チェック

この場合はインストールされているアプリケーションの中で、Windows 10 に対応していないものがあることを示しています。

バックアップしましょう

大事なファイルのバックアップはとっているかと思いますが、同じパソコンの内蔵HDDではあまり意味がありません。

アップグレード作業時に失われてしまう可能性もゼロではありません。
パーティション操作を伴う場合はなおさらです。

  • 自分で作成したファイルは外付けHDDやクラウドサービスなど外部に退避する
  • システムの復元ポイントを作成する
  • 可能ならばドライブごとにイメージバックアップを作成(内蔵HDD以外へ)

どうですか?

面倒ですね。そうなんです。
最初から Windows 10 を搭載したパソコンを買うほうが、遥かにラクです。

OSをクリーンインストールする

基本的に自動アップグレードでうまくいかなかった場合は、どんな方法でアップグレードしても同じです。

けれど、ハードウェア(とデバイスドライバ)が対応しているならば、真っさらな状態で Windows 10 をインストールすれば動く可能性が高いのも事実。

要は、今までの環境を引き継ぎながら Windows 10 にしようとするからうまくいかないワケで、ゼロから始めればうまくいく(かも)、という理屈です。

ただし、クリーンインストールする場合、ロールバック機能は使えません。

ご使用中のパソコンを元の状態に戻すことは不可能となりますので、よくよく考えてください。

インストール作業は簡単

トラブルシューティングの時と同様に、USBメモリ等のインストールメディアからパソコンを起動します。

今度は [今すぐインストール] を選びます。

今すぐインストール

インストール作業自体は、画面の指示に従って進めるだけです。
難しいところはありません。

クリーンインストールする場合ライセンス認証はどうするの?

真っさらな状態でインストールするワケですから、当然、正規のプロダクトキーが必要になります。

ただ、Windows 7 SP1/Windows 8.1 から一度でも Windows 10 へアップグレードしていた場合は、そこから再度クリーンインストールを行ってもライセンスは認証済みとなります。
Windows 10 用のプロダクトキーは必要ありません。

インストール作業中、2回プロダクトキーの入力を求められますが、スキップします。

スキップを選択

[スキップ] を選択。

後でを選択

[後で] を選択。

アップグレード後のシステム詳細

プロダクトキーを入力していないが、ライセンス認証されている。

おわりに

Windows の修復機能では他にも、

  • 作成済みの復元ポイントを使って復元
  • イメージバックアップを使って復元

などが行え、操作はほぼ自動化されています。

また、コマンドプロンプトもメニュー上から起動できるので(以前はショートカットキーを使う必要があった)、diskpartコマンドでパーティション操作・パーティションテーブルの変更も可能となっています。

ただし、いずれも基本的な Windows OS の知識は必要とされますので、自動アップデート機能がうまくいかなかった場合はすっぱり諦める、という姿勢も大事かもしれません。

あと、クドいようですが。
最初から Windows 10 が入ったパソコンを買うほうが、断然ラクです。笑

スポンサーリンク

この記事をあのひとにもシェアしたい

say-go_pe

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です